びざん大学は、徳島のお店、公園、図書館、川や山など、まちそのものがキャンパスです。
ご意見・ご質問 びざん大学
びざん大学について 参加する 授業・レポート 先生 キャンパス 支援募集
びざん大学とは
  1. はじめに
  2. キャンパス
  3. 授業
  4. 講座日程
  5. びざん大学の未来
団体概要
運営メンバー紹介
メディア掲載
2011年夏。「徳島をもっと元気にしたい!」そんな熱い気持ちをもった元気な仲間が集まりました。「学ぶこと」を通して新しい仲間と出会えるような学び舎が欲しい!そこから「びざん大学」という新しい形のコミュニティが生まれようとしています。
 
徳島のまちを舞台に学ぶことを通していろいろな仲間との出会いを楽しむことができるびざん大学は、「まちでまなび、まちをあそぶ」というコンセプトのもと各所で授業を行います。
 
徳島市の中心部からすぐのところに位置するランドマーク「眉山」。びざん大学では、「眉山から見えるところがキャンパス。眉山が見えるところがキャンパスなんだよ!」と言っています。
 
山や川、公園などの自然環境も豊かで都会と自然が融合している街、それが徳島です。自然にはじまりお店や商店街、図書館や博物館、駅やお城、ライブハウスや百貨店といったあらゆる施設が教室になり、いろいろな企画と連携しながら授業が行われます。
 
びざん大学では、だれもが先生になって教壇に立つことができます。
専門的なことや幅広い知識、日常の知恵や新しい発想、ニッチなことから一般常識まで、知識や経験をシェアしてくれるのがびざん大学の先生です。
 
毎月第3週目の週末に講座を開いています。朝早い時間帯に開かれる授業やお昼間の授業、また夜の時間を使って勉強する機会もあります。不定期で開かれる特別講座も開催します。
>> 講座の日程確認はこちら
 
びざん大学では、先生やコーディネーター、ボランティアスタッフの皆さんと一緒に個性的でユニークな授業を企画運営していきます。また、まちのお店や施設などを連携することで地域密着型のコミュニティが作られていきます。
びざん大学の学生のなると「まちでまなび、まちをあそぶ」というコンセプトのとおり、色々な特典やサービスを利用できるようになり街の新しい発見があるのではないでしょうか。