びざん大学は、徳島のお店、公園、図書館、川や山など、まちそのものがキャンパスです。

ご意見・ご質問 びざん大学
びざん大学について 参加する 授業・レポート 先生 キャンパス 支援募集
よくいただくご質問にお答えしています。
Q.びざん大学は、どこにあるのですか?
A.びざん大学は、校舎を持っていません。徳島のまちそのものがキャンパスであるというコンセプトのもと、授業を各地で展開しています。授業内容によってお店が教室になったり、公園が教室になったり場所も変わります。びざん大学を運営する事務局は、両国本町商店街または東新町商店街にあります。
Q.徳島市に住んでいませんが、入学できますか?
A.はい、できます。先生になるには「徳島に住んでいる、徳島で仕事をしている、徳島に何か関係がある」ということを条件にしていますが、学生になるための条件はありません。
Q.どんな授業が受けられるのでしょうか?授業の日程や時間は決まっていますか?
A.授業は、毎回先生が変わり多彩な内容でお届けするものから、連続して知識や経験を高めていくものもあります。文化や歴史といった徳島に深く関わる授業から、インターネットや趣味、スポーツや音楽、芸能など、徳島に関わる先生方がいろいろな分野の授業を開催してくれます。ご期待下さい!
授業の開催日程は、基本的に毎月第3週目の週末になります。その他に地域のイベントやお祭り、協力関係のある団体さんなどのスケジュールと連動して特別授業も開催します。その場合もホームページやfacebookページで授業内容と共に日程をお知らせします。
Q.毎回の授業には参加できないのですが。
A.はい、問題ありません。好きなときに好きな授業にご出席下さい。定員のある授業もありますのでお申込の際にご確認ください。
Q.先生になって伝えたいことがあります!
A.ぜひ先生としてご応募ください。びざん大学では、いろいろな分野で活躍する先生をお待ちしています。ユニークで個性的な授業を開催したいと考えています。まずは事務局までご連絡ください。
Q.びざん大学の学生証は有効期限がありますか?
A.学生証に有効期限はありません。生涯学習の場を創出するという観点から地域に根ざした学びの場を永続的に提供していきたいと思っています。また、びざん大学の学生証を提示することで学割や特典が受けられる地域のお店も拡充してく予定です。
Q.受講料は無料ですが、どうやって運営されているんですか?
A.びざん大学は、個人会員(サポーター)や法人の皆様の会費や寄付、またボランティアスタッフによる協力で運営しています。
Q.びざん大学は、どんな人が運営しているのですか?
A.びざん大学は、徳島のまちをもっと元気にしたい!という想いを持った有志が集まり設立されました。年齢で言うとだいたい20代から30代の仲間が集まって議論を交わし「びざん大学」というコンセプトを立ち上げました。
Q.個人会員(サポーター)にならないと授業は受けられないのですか?
A.いいえ、個人会員(サポーター)にならなくても授業は受けられます。個人会員(サポーター)の皆様には、びざん大学の運営を支援していただいています。特に活動資金の支援をしていただく方が個人会員(サポーター)です。
Q.びざん大学の名前の由来は何ですか?
A.徳島のランドマーク眉山の見えるところがキャンパス、また眉山から見えるところがキャンパスであるというコンセプトから「びざん大学」という名前を付けました。この他にも徳島らしく「ひょうたん島大学」や「新町大学」「阿波おどり大学」などの候補も上がっていました。
Q.びざん大学のスタッフとしてお手伝いしたいです!
A.ボランティアスタッフとして授業当日の運営からご協力いただけませんか?または、びざん大学の授業をメイキングするコーディネーターとしてご協力いただく方法もあります。スタッフとして何かを実現できるオープンな運営を行っていますのでぜひお問合せください。
Q.びざん大学は、NPO法人(特定非営利活動法人)ですか?
A.2012年4月26日に徳島県より特定非営利活動法人(NPO法人)設立の認証を受けました。
ご意見・ご質問などありましたら事務局までお寄せください。